営業マンを信じるな!

営業マンを信用し過ぎてはいけない。

車を売るきっかけとなるのは、やはり新しい車を買うときというのが多いですよね。そして、新しい車を買うときは、営業マンの熱意に負けてというパターンも多いのではないでしょうか。

気心の知れた営業マンから車を買うことは安心ですが、一つだけ絶対に注意しなければいけないことがあります。

それは、車を売るときには決して営業マンの言いなりにならないということです。なぜなら、損をすることが少なくないからです。では、なぜそのようなことになってしまうのでしょうか。

それは、査定基準が各ディーラーによって異なるということが挙げられます。本当にあなたのことを思っている営業マンでも、査定するのでしたら当然に自分のいる会社の査定に沿った額でしか買取することが出来ません。

車の場合は、元々の値段が安くても数十万するものですから、売るときもちょっとした査定の違いですぐに数万円の違いが出てきます。

営業マンの言いなりになってそのまま車を下取りに出すということは、この数万円をそのままドブに捨ててしまうのと同じことです。これって本当にもったいないことですよね。

ですから、車を売ると決めたときは複数の業者やディーラーで査定をしてもらうようにしましょう。これにより、高額で売るチャンスが生まれます。そ

れだけでなく、他の業者との差別化のために、新しく買う車にオプションがサービスでついたりというケースも考えられます。

一括査定をすることで自分の車の相場を知っておけば、それだけ営業マンと同じ土俵で話を出来ますから、その営業マンが信頼出来るかどうかもわかります。知識をつけることで、車を高く売るチャンスを確実にゲットし、かつ信頼出来る営業マンをみつけることが出来たら最高ですよね。

 

サイトマップ