下取り・買取の必要書類

下取り・買取の必要書類

車を売る際には、名義変更などの手続きをしなければいけませんので、さまざまな書類などが必要になってきます。早めに必要書 類を用意しておくことで、スムーズに車を売ることが出来ますよ。

書類の不備で車を売るのに手間が掛かっていたらトラブルの元になりか ねません。ですから、ここでは車を売る際の必要書類について説明していきます。

では早速、車を売る際に必ず必要となる書類について説明していきます。まずは実印。これは譲渡証明書という、車を売る際に必 要となってくる書類に捺印するために用意しておきましょう。

そして譲渡証明書に捺印するために、車所有者の印鑑登録説明書を用意しておきましょう。これは、実印として用意した印鑑が確かに実印だと証明するために必要になってきます。

もし印鑑登録が済んでない場合は、今住んでいる各市町村役場で申請 することで簡単に印鑑登録することが出来ますよ。

次に自賠責保険証明書です。これは、車を公道で走らせるなら必ず加入する必要のある自動車保険の加入証明書のことです。

三番目に自動車税納税証明書があります。これは軽自動車を除く自動車所有者に対して課税される自動車税を納付したことを証明 する書類になります。

もし自動車税納税証明書を紛失した場合は、各都道府県の税事務所で再交付してもらえますよ。軽自動車の場合は、 軽自動車納税証明書が必要になってきます。

自動車検査証。いわゆる車検証です。これは国土交通省の定める自動車検査(車検)に通った際に交付される証書のことです。公道を走る際には必ず持っておかなければいけません。

廃車手続きをしていない場合は必ず必要となってきます。逆に廃車手続きをしている 場合は車検証の代わりとして一時抹消登録証明書が必要になってきますよ。

以上が、車を売る際に必ず必要になってくる書類です。この他にも場合によって必要になってくる書類がありますので、まとめて その入手法について説明しますね。

住民票・・・現住所の市区町村役場。所有権解除書類・・・ディーラーや販売店などに連絡。委任状・・・ディーラーや販売店に置いてあるので、必要に応じてそれに署名捺印する。

これらの書類を早めに用意しておくことで、その分スムーズに車を売ることが出来ますのでぜひ参考にしてくださいね。

 

サイトマップ