買取と下取り違い

買取と下取りの違い

下取りと買取。今まで乗っていた車から新しい車に乗り換える際には、この二つの方法がありますけど、一体この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。違いをハッキリと理解して、今の状況にマッチした形で査定を受けるのが賢いやり方ですよ。

簡単に説明すると、買取というのは、「今乗っている車を売り、現金を受け取る」ことです。そうして受け取った現金を新しく買う車の頭金に充てたりするわけです。この場合、買取価格は業者間オークション相場が元になります。

この相場を元に基本価格を出し、そこから走行距離などの車の程度や装備を総合して算出する形になります。買取の場合ですと、エアロやアルミホイール、そしてカーナビといった社外品パーツもプラス評価対象となることが多いです。

それに対して、下取りというのは、「次の車を購入する販売店に今乗っている車を売って、そこで得た買取金額を次の車の購入資金に充てる」ことを言います。この場合は、各販売社が用意する下取り基本価格表を元に、車両のダメージなどから減額していく減点方式で下取り価格が算出されます。

価格表は販売社ごととなっているため、業者間オークション相場とは連動していないケースも少なくありません。また、買取の場合と異なり、アルミホイールやカーナビなどの評価がプラスにならないことも多いです。

買取と下取り。二つを比べた場合、買取の方が高値をつけてもらうケースが多いです。

ただ、下取りにおいて、自社銘柄を高く設定していたり、新車販売強化の目的で下取り強化キャンペーンという形である程度の金額を下取り価格に上乗せすることもあります。

ですから、どちらかに決め付けたりせずに、まずはネットでの一括見積もりを行うことで、今の状況で一番高値で売れるようになりますよ。損をする前に、ぜひ一度、一括見積もりを行うと良いでしょう。

 

サイトマップ